★ネットで学ぶ身近な観光学★
21世紀最大産業”観光”にまつわる話題。エコツアー、世界遺産、持続可能な観光、国際観光、マーケティング、地域振興、ツーリズム見本市などなど ワンランク上の旅人や、仕事に活かせる視点・情報満載。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トロフィーハンティング
2008年10月19日 (日) 03:33 | 編集
狩猟権は観光収益ツールながら野生動物保護の観点からはバツ。
”トロフィーハンティング”という言葉 文献では ちらほらみかける言葉です。

http://www.eigotown.com/eigocollege/marie_english/backnumber/marie_english24.shtml
スポンサーサイト
駅弁文化
2007年06月30日 (土) 01:40 | 編集
昔は旅のペースもゆっくりのんびり。
幼少時に12時間も汽車に乗り続け、日本の端っこまで行ったのが人生初の旅行らしい、旅行かな・・・
もちろん駅弁にはお世話になりました。

「峠の釜飯」は、今は亡き祖父と祖母がまだ若く元気な頃、一緒に旅行に連れて行ってくれて、買ってくれたお弁当。今でもしっかり覚えてる。でも、このとき汽車酔いしてヘロヘロだった私は、その後10年以上も「釜飯」と聞くと うっ と反応してしまう トホホな イメージでもあり・・・
そんなイメージはさておき、旅に彩りを添えてくれる駅弁ってすてき。
世界広しといえど、駅弁文化をもっている国って日本くらいじゃぁ?

とはいえやっぱり、がさこそ列車の中で広げるのがいいのであって、デパ地下で買うのは興ざめ。

でも時代は変わって電車の中で物食べるのはなんだか気恥ずかしいような・・
そんなことないですかぁ?


IZAの専門家ブログ
鉄道の高速化が駅弁を苦しめる

なんと駅弁プロの福岡健一さんは、手弁当で全国にでかけ、駅弁年間400個食べるそう。やるーぅ

旅行コミュニティ「フォートラベル」が広告モデルを変える?
2007年06月28日 (木) 08:02 | 編集
旅関係のWEBが益々さかん。
旅行というものは、購入前に手にとって確かめられる商品ではないので、インターネット販売がぴったりはまると、インターネットが出始めの頃、観光学の教科書に書かれていた。
また旅先決定要因がクチコミというのも常道。
でも、個人ネットワークでは限られた情報しかはいってこない。
「4トラベル」はクチコミに特化し、検索の便利さ、ビジュアルの豊富さで郡をぬく。

IT media サイトから抜粋
<主な収入源は、バナーやアフィリエイトなどの広告で、コンテンツやシステムの他社への外販も行っている。昨年度の売上高は、前年度比3.3倍の1億4500万円、経常利益は8900万円と、利益率も飛び抜けている。>

すごい! 旅そのものを販売しているわけでもないのに、こんなにもうかるの? でも、企業はクチコミを敬遠するそう、なのに旅行記サイトは例外で広告が集まる理由があるそうな・・・


“稼げる”口コミサイトの作り方 「4travel」に聞く(2006年8月の記事) ちょっと古いネタでごめんなさい。

その後も独走中なのだろうか?
誰かおしえてください!



ウルトラマン商店街で町おこし
2007年06月21日 (木) 21:16 | 編集
2005年、世田谷区の小田急・祖師ケ谷大蔵駅前にある商店街が共同で、ウルトラマン商店街を発足したんだって!円谷プロ創業の地だった縁だそうで、マスコミが大きくとりあげ話題になったんだって。

へぇ! ぜーんぜん 知らなかった。私はどこを向いてたんかいな?

町おこし対策だが、2年間で効果のほどは? と毎日新聞が取材。

ふむふむ 週末はにぎわう・・・
ウルトラマンの銅像もあるし・・
で、効果のほどは? ビミョー !?
あんぐるTokyo:世田谷・ウルトラマン商店街2年 知名度上がったが… /東京



論文サイト・レポート×レポートJP 
2007年04月07日 (土) 20:46 | 編集
ネット上には色んなサービスがありもんで・・・
皆で知識を共有しようというもので、卒論・論文を購入するサイトがある。へー 照

レポート×レポートJP(byキャンパスナレッジ)

▼<書き方Tipsのコーナー>はわかりやすい! 
 テーマの探し方
 情報収集・調べ方 他

晴れ!「レポート登録キャンペーン」4月末まで実施で、amazonギフト券謹呈。


世界初 風力発電付の ハイテクビル
2007年04月06日 (金) 00:49 | 編集
観光の話ではないけど、目をひいたので。

地球温暖化対策として世界各国で代替エネルギーに注目が集まるなか、中東バーレーンにハイテクビル登場。

首都マナマの世界貿易センターに風力発電用タービンが設置された。

BahrainWTC.jpg


芽Gigazine(2007・3・27)のページは必見!
写真が充実していて、ビジュアル的にインパクト高し。

芽バーレーン世界貿易センター公式サイト
キラキラしてかっこいい。壁面がソーラー電池になっていたなら尚更、完璧。

芽TreeHugger(英語のニュースサイト)

芽NewArabia.net
バーレーンってどんなところだろうか? 地図や旅行ガイドなどの情報提供をする総合サイト。バーレーンではF1も開催されている模様。


ランキング大好きな国民性? 「日本の百選」
2007年03月28日 (水) 16:40 | 編集
山、川、海、建築物、景観 ・・ 生活に糧と潤いをもたらす実用面以外にも観光資源として大切なもの。美しいままに維持するにはそれなりの努力が、ということで関係者の意識を高め、誇りをもってもらうために色んな仕掛けが必要。

日本 & 百選で ネット検索すると でるでる・・橋、峠、夜景、水の郷、もみじ、棚田、滝、秘境、海水浴場、遊歩道、公共建築 まだまだあります。かわったところでは「ふるさとおにぎり百選」(うーん、美味そう!)「日本の音風景百選」などもある。


ちなみに音をみてみると
晴れ!大阪府「淀川河川敷のマツムシ」
きらめくビルの明かりを背に虫の音に酔う
晴れ!和歌山「不動山の巨石で聞こえる紀ノ川」
”巨石に耳をあてると、音がして、この世の音・あの世の音”といわれ、霊験あらたかなものとして大勢の人がお参りしてきている

他にもへー!なものがいっぱい。

多くの場合、関係省庁(環境省、国土交通省、農林水産省、建設省など)が後援している。

以下、個人サイトのリンク集。よくまとまっていて便利。故郷や旅行で訪問した場所にはどんな百選があるのだろう、調べてみよっと!

芽百選と名数の百科事典

芽日本百選 都道府県別データベース

芽百選探検隊




女性専用島の観光開発計画(イラン)
2007年03月27日 (火) 23:56 | 編集
2月25日の記事だけど、目をひいたので・・・



イランにて、女性専用の島づくりを計画中


 イラン北西部にて、女性専用の島の観光開発が計画されていることを21日、地元紙「テヘラン・エムルーズ」紙が報道した..........
≪続きを読む≫

アップロードファイルそういえば大学のクラスにパキスタンの男性がいたけど「女性にはレジャーなど必要ない、ビーチに行くにも水着だって着れないし・・・」とか言って、他国から来た女性たちから総スカンくってたような記憶がある。

また、泳ぎが得意なオーストラリア人女性がイスラム教徒と結婚。水が恋しくなり、試しにイスラム国家仕様の水着をつくったところ、ヒット商品になって、ビジネス開始。引き合いがさばききれないほど・・というニュースを日本でみたような記憶もおぼろげながらありますなぁ・・。

世界は広い。


えっえぇぇぇ? ロハスを商標登録!?
2006年02月14日 (火) 23:12 | 編集
遅ればせながら、<LOHASは「サブマリン商標」の成功事例か>で、三井物産がロハスを商標登録したことを知った。「ロハスでないものときっちり区別するためって?」うーん、なんか胡散臭い・・・。スローライフもエコツアーも商標登録にしてしまう輩がいるんだもんなぁ。「エコ商法?」とでも呼んだらいいのだろうか・・でも、でも、市場の暗黙ルールが存在すると思うのは、楽天的すぎるかしら?消費者だってそんなノー天気に、流行言葉にのせられないぜ!!
そもそも、この言葉は、米国の社会学者が注目した「グリーンな生活スタイルを実践する新しい消費者階層」だったのでは? ローハス クラブ:世界のロハス 
これって、仕掛け人が、自分で自分の首を絞めることにならないかしら。だって、せっかく<健全に生きる>ための、わかりやすいスローガンとして定着しつつあるのに、独占してしまったら、安っぽい言葉になりさがってしまうから。
”エコツーリズム”という言葉もマーケティング用語として魅力的であったので、これほど普及したということを以前、読んだ記憶がある。

いたちごっこ・・・・・

三井物産「ロハス」のブランド管理(日経ネット)
TV放映「オランダ人を母にもつオードリーの戦争体験」
2006年02月11日 (土) 01:14 | 編集
正月、何気にザッピングしていたら、「あ!みたことある景色が・・」あわてて、音量あげたら、紛れもなく、そこはオランダのアーネム(TVではアルンヘムと紹介)

オランダ留学通信の「平和調印の町」で、ちらっと、とりあげたこともあるのだが、オードリー平和活動アンネフランクの関わりをずっと知りたかったので、これはもうドンピシャの番組。「オードリーはアンネ・フランクを心に、生きた」というタイトルのテレメンタリーというドキュメンタリー番組。

オードリー・へップバーンが、ユニセフの親善大使を精力的にこなしていたのは有名な話。彼女の生い立ちが番組で語られ、ユニセフ活動やアンネフランク朗読会にいたるまでの経緯が語られる。うらやましいスレンダーな身体は、実は成長期に栄養失調からくるもので、生涯、体調不良に悩まされていたのだとか。

美しいだけではなく、強く、気高く、信念をもって生きた人、益々オードリーにあこがれてしまいます。

02/11(土) 午前10:30 ~11:20  
地上波、ABC(朝日系列)テレビ で放映。

もっと知りたい人はテクニカルライターKの日記の2005,12,21の記事と
とお茶の間オレンジシート で。

また彼女のユニセフの活動に興味を持ったなら、
ユニセフオードリー記念館へ。

audrey

Powered by FC2. / Template by sena.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。