★ネットで学ぶ身近な観光学★
21世紀最大産業”観光”にまつわる話題。エコツアー、世界遺産、持続可能な観光、国際観光、マーケティング、地域振興、ツーリズム見本市などなど ワンランク上の旅人や、仕事に活かせる視点・情報満載。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観光ブームと地元民の感情
2007年06月30日 (土) 00:43 | 編集
町の人口は1万6,000人で、その半分近くの観光客数。
北海道の寒村が豪州人のおかげでアジアのスキーリゾートに。
でも、経営はオーストラリア企業が大半で、地元に恩恵なしなんだとか。

もう20年前のバブル真っ盛りの頃、日本企業が全く同じことを豪州で行っていたなぁ・・
クィーンズランド州ではあんまりにも日本の買収が目に余るというので、日本企業(記憶はうろ覚えだが、確かイワサキリゾート)に爆弾をしかけられる騒ぎがあったほど、地元民の反感は強かった。
そんなことあったこと皆さん、ねえねえ覚えてる?
なんだか皮肉なもんだわ。

トルコに旅行したときも、投機ブームでイギリス人がリゾートに遊びに来たついでに、不動産バンバン購入しているのをみて、びっくりしたことがある。あー、私には縁が(円が?)ない話・・・


見出がとってもセンセーショナルな記事。
オーストラリア人に乗っ取られた 北海道のリゾート町
J-cast ニュース(06/09/19)・・ す、すんません。また大分時間がたっちゃってて


自治体チャンネル(平成19年2月号)
三菱総研の研修生が注目のオーストラリア人(ロス・フィンドレー氏)にインタビューした記事が。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
北海道でも、そのようなことが起きているとは知らなかったので、びっくりしましたが、地元に恩恵がないというのは、悲しいことですね。
2007/07/28(土) 19:37 | URL | Kumiko #lYXiLKrA[編集]
Kumikoさん、コメントありがとうございます。「地元への恩恵」という問題は多面的な目で見る必要がありそうですね。例えば、経済的にメリットがなくても地元のインフラが整備されたとか、住民が地域の価値に気づき、プライドが戻ってきたとか・・
誰のための恩恵なのかという切り口のよっても変わるし、奥が深そうです。
2007/08/06(月) 17:32 | URL | ecozytravel #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
略号 QLD)はオーストラリア連邦北東部の州。オーストラリアで2番目に大きな州である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikiped
2007/09/13(木) 20:27 | オーストラリアに夢中☆
Powered by FC2. / Template by sena.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。